2014-01-12から1日間の記事一覧

科学者の責任の取り方〜アサザ植栽事業を例に

自然科学の分野で研究を職業にしていたら、通常は査読付き論文が業績になります。論文として発表した内容が、後に間違っていたことが指摘されても、そうやって科学は進歩していくものですから、責任を取る必要はありません(データ改竄など、不正行為を除く…