つぶやき

蜜蝋はもっと使える!

今年採蜜した後の巣も、無事、蜜蝋になりました。140gでした。 毎年増える蜜蝋。蝋燭やクリーム以外に何に使えるかネットでざっと調べたところ、日本のサイトだと下記が用途数としては最多(6通り)でした。 ・クリームや口紅・蝋燭・蜜蝋ラップ・養蜂用の…

無い物ねだり

小学生からの友人から、お誕生日プレゼントが届きました。 好物のチョコレート、野菜にかけるとおいしいバルサミコ酢に、彼女の手作りガラス製品が2つ。ひとつはドレッシング入れで、先が細くなっていてかけやすそうです。もうひとつは大好きなカエルを彫り…

宍道湖の幸

知人から神在月の宍道湖でとれた湖の幸が届きました。シジミ、ウナギ(シジミの下の方の切り身)、最大サイズのモクズガニです。 モクズガニはこれくらい大きいと、とてもおいしいそうです。ウナギは、今年は海から入ってくるのが多いのだとか。ワカサギは相…

「歩きづらい」副反応?

8日15時にモデルナワクチンの2回目接種を受けました。その夜、22時頃から腕が痛み始めたので早めの就寝を試みましたが、痛みと熱で2時頃まで寝付けませんでした。翌日、頭痛と下肢の痛みがひどかったのでロキソニンを服用。この日は3回、毎食後に服用したこ…

理系研究者は英語のSNSを

2ヶ月前に下記記事を書きました。 今度は出版社から著者宛に、自分の論文の宣伝をソーシャルメディアで行うよう指南書が届きました。 発行されてから何日目には何をしろと事細かに書かれています。対象はFacebookとTwitterです。今やオンラインジャーナルが…

暑さを逆手に取る

昨年の夏はあまりの暑さでゴーヤやパッションフルーツが盛夏時にはならず、10月になってからよく実がつくようになりました。今年はそこまで暑くはなかったものの、7月末にはカボチャが弱ってきたので、もしやゴーヤのように10月に実をつけるかもと種まきをし…

今日は近所で栗拾い

つくばでは台風は夜には通過し、今日は朝から雲一つない晴天。子供達が小さかった頃は、この時期に金・土に台風が通過したら、翌朝みんなで栗拾いに行ってました。自宅近くではあちこちの道路沿いに栗が植えてあって、落ちている栗を通行人が拾っています。…

「和」の花を放任

庭の大部分に野菜や果物が植わっているのですが、そう見えないよう、門から玄関までのアプローチは花が綺麗な果樹と花木や花苗中心にしています。手間がかかる花だと世話する時間がないので、何もしないでも育ってくれるもののみが淘汰に残っています。今の…

広い土間と冷凍庫が欲しい。。。

今年の夏野菜作りは冬まで保存できるカボチャとトウガンに力を入れたところ、トウガンがわずか4本から次々と1.5kg前後の実をつけ、現在保存しているのだけでも15個、庭にはまだ10個以上が成長途中です(右端の2箱がトウガンです)。これまでに3個消費し、息…

ニホンミツバチのダニ対策

ニホンミツバチを飼っていて最も恐いのが、アカリンダニです。昨年、私のコロニーが冬に全滅したのも、アカリンダニにやられた可能性が高いです。アカリンダニは外来種で、ニホンミツバチは追い払う術をまだ学習できてないために、被害が拡大していると考え…

まだまだ学習途上

9月21日記事で今年の採蜜の様子をお伝えしましたが、その時に採った巣から回収したハチミツを、本日、瓶詰めにしました。 巣の上の方、下の方を均等に3つのザルにいれたり、巣をやたら割らないで数カ所にナイフを入れるだけにするなど、いろいろ学習した結…

野菜価格の高騰

トマトをはじめ野菜価格が高騰していて、今後の見通しも立たないと報道されていました。 私の家庭菜園でもミニトマトはしばらく、全くとれませんでした。しかしこのところの晴天で、今日あたりから食べ頃の実がでてきました。 他の野菜や果物も、8月は猛暑か…

試してみる

興津早生という温州ミカンが着色してきました。息子が試食したところ、十分甘いとのことでした。 興津早生が熟すのは、本来は10月下旬です。 自宅でも地植えにしている分は、まだ実も小さく真緑色です。 冒頭の写真の苗は、鉢植えにしています。温州ミカンは…

養蜂2年目の収穫

連休は土曜こそ雨でしたが、日・月は天気に恵まれ、庭仕事が順調に進みました。特に、長雨で逃走しないかと心配していたニホンミツバチの採蜜を無事終えて、一安心。国立環境研究所の「病原体および農薬ばく露がミツバチの健康に与える影響評価プロジェクト…

まとまったヒガンバナ

自宅の東西には黄色で囲ったところに水田があります。 西日本ではこの時期になると田んぼの畦にヒガンバナが咲き誇るのですけど、自宅近くの水田ではなぜかヒガンバナはほぼありません。1箇所だけ、東側(図では右側)の花室川近くの水田の畦でだけ、まとま…

不確実な投資より確実な節約

このブログでは時々、資産に関する記事を書いています。日本の若者世代は私が若かった頃のように好景気が長く続くことはかなり難しいと思われますので、好きな研究に安心して打ち込むためにも、資産形成は重要と思うからです。資産形成というと投資とか考え…

在来ヒガンバナ最速で開花

昨年10月24日記事で、外来ヒガンバナが主流だった赤塚公園で、在来ヒガンバナが盛り返したと報告しました。 おさらいですが、在来ヒガンバナは毎年ほぼお彼岸頃に咲き、実がなりません。外来ヒガンバナは近年になって輸入されたもので、実がなることで区別で…

大阪弁

今夜の「秘密のケンミンSHOW極」で、「大阪弁の敬語」を取り上げていました。外国人が日本語を学ぶ際にネックになるひとつが敬語。「言う」は「おっしゃる」、「見る」は「ご覧になる」」など、全く違う言葉になってしまうからです。ところが大阪では、「は…

自家製野菜の無農薬は楽

いわゆる有機栽培で農家さんがミニトマトを栽培するためのマニュアルが、下記で公開されています。 薬剤を使わずに病虫害を防ぐために、どれくらいの目合いのネットをかければよいかとか、太陽熱で土壌を消毒する方法などが紹介されています。有機でのミニト…

科学というロマン

きっとどこかにある「真理」へと科学は歩みを進める時に大きな機械仕掛けで時に地道な手作業で数多の失敗を糧にして 産業技術総合研究所では特設サイト「来るべき明日のために」を開設しました。 冒頭の詩のようなフレーズは、トップページで1行に1枚の写真…

コリンキー

トウガンの種を分けてくださった方から、今度は「コリンキー、どうですか?」と実を分けていただきました。カボチャなんですが、受粉してから10日くらいで早採りできて、サラダや酢の物になるそうです。普通のカボチャ料理にも使えて、トウガンくらい栽培は…

運任せも楽しみのうち

急に涼しくなり、急いでブロッコリーを植えねばと、残っていたカボチャを収穫して花壇を整理しました。700~900gのカボチャが5個採れました。 7月23日に下の写真にあるカボチャを2個収穫しているので、250cm×140cmの花壇から全部で7個収穫できました。まず…

申し訳なくて行けない

昨日、今日と体調不良で、自宅でデスクワークをしては横になり、を繰り返しています。夕方になってちょっと回復してきました。いつもなら早めに産総研の診療所で診てもらってひどくならないうちに服薬で対処するのですが、コロナのおかげで気軽に行けなくな…

介護保険のカラクリ

老後にいくら必要か検討する上で、自立して生活できなくなったときに、高額介護サービス費をどれくらい負担しなければならないかは重要です。過去に在宅でケアサービスを利用している父親の例を紹介しました。 「老後2000万円」は過小評価 - Limnology 水か…

到着から出るまで早くて4時間!

インドネシアで環境水をサンプリングしていた学生が、本日帰国。そのままホテル隔離になるので、サンプルを引き取りに成田空港まで行きました。 昨年、パリに行く娘を送った時の成田空港はほとんど人がおらず、便数も少なかったので、時間がかかるとしたらpc…

デルタ株下のバケーション

今月半ばから海外の友人が次々とバケーションに出てしまって、メールを送るといかにもな写真つきの自動返信が届きます。 海外でもデルタ株は増えていて、日本だと「感染が蔓延しているときに、観光なんて。。。」と思われるかもしれません。友人達は、バケー…

「梨は緑色」世代は絶滅?

関西で育ったので、梨は緑色だと思っていました。なので関東、特に茨城県に住むようになると梨が全て茶色で、同じ日本とは思えませんでした。つくばで出回っているのは幸水という品種で、二十世紀とは香りがかなり違い、ほとんど買うことはありません。一方…

柴犬考

うちのクリは柴犬で、コロナ前の2018年に国立博物館で開催された「縄文」でクリに似た土偶をいくつか見つけて、柴ってそういう犬なんだぁ。。と思ってました。ところが最近、「柴犬 ルーツ」でぐぐると、島根県で生まれた犬との記載ばかり出てきます。トップ…

「君が代」を英語にすると?

パラリンピックが始まります。オリンピックでは何度も「君が代」が流れていて、ふと「君が代を英語で歌ったらどんな感じだろう?」と思いました。知り合いにその話をしたら「ググれば出てくる」とのことだったので、「君が代 英語」でググってみました。いく…

年末年始もコロナ禍?

日本の総理大臣が「諸外国のロックダウンは感染対策の決め手にはならず、結果的に各国ともワクチン接種を進めることで日常を取り戻してきている」と発言しましたが、具体的にどの国のことを言っているのか私には分かりませんでした。たとえばニュージーラン…