つぶやき

理系のセンスで先を読む

東京都のコロナウイルス感染者が100人を超えました。 実はこうなるだろうと一昨日あたりから予測し、昨日は大分や滋賀から要請されていた8・9月の会議をオンラインにするようお願いメールを出していました。 私が住んでいる茨城県の場合、感染者の多くが老人…

カボチャいろいろ

手間いらずで育てられてコスパがよい、家庭菜園向け野菜のベストを挙げるとすれば、冬野菜はブロッコリー、夏野菜はカボチャだと思います。国産無農薬のブロッコリーは1束300円はしますし、カボチャは500円以上はします。苗は近所のホームセンターでここ数…

なぜオンライン会議にしない?

新型コロナウイルスに関して都道府県間を跨ぐ往来も解禁され、自治体の委員会が再び対面で行われるようになりました。7月・8月招集予定なのが滋賀県と長野県ですが、どちらも新幹線利用での移動で、都内からの出発となります。その東京では今日の1日あたりの…

SIMフリースマホならではのトラブル

使っていたガラ携の部品が壊れ、もう何年も前に製造中止になっていたので修理はできないとのこと。通信用だけに使っていたスマホがデュアルSIMだったので、ガラ携のSIMのサイズをスマホ用に交換する手続きをして、電話機能もスマホデビューとなりました。 そ…

初心者はなにもかもが新鮮で楽しい

昨日は師匠の指導のもと、自宅で初めてのニホンミツバチ飼育に取り組んでいる方々との交流会に行ってきました。本当は4月から毎月開催される予定だったのですが、コロナのおかげで昨日ようやく開催となりました。西洋ミツバチが入ってしまって飼いきれずに師…

三度目の正直

種から育てたゴーヤの苗を庭に植えたところ、一夜にして芽を食べられてしまいました。ヨトウムシなら根の近くをかじるので空からやってくる虫かと思い、二度目はビニール袋のテントをかけて、地面にも隙間ができないようにしました。それでも数日でやられま…

世紀を超えて

2000年のおおみそか、まだ幼かった息子と私はつくばの中心地に行きました。そして集まった人達と世紀を超える瞬間、ビニールで作ったヘリウム入り白鳩を空に飛ばしました。世界中で同じようなイベントが続きました。 主に白人の国によって進められた植民地化…

初夏の南風

昨日、今日と自宅では南~南南西の強風が吹いています。つくばでは「筑波おろし」と呼ばれる北風が冬に吹くので、北側は屋敷森のように月桂樹を大きくして窓をガードし、鉢物は南側に置いています。なので南風が吹くと倒れる鉢続出で、昨日は慌てて大きめの…

3密はミツバチもお嫌い

今日は朝イチでアメリカ・ニュージーランド・ロシアの研究者とのZoomミーティングがありました。終わってヤレヤレと外を見たら、ウチのミツバチがベランダの高さで飛び回り、ブ~ンとすごい羽音。まさかこの季節にスズメバチ襲来?と巣箱に飛んで行ったら、…

定年後のいきがい

私は仕事で頻繁に、熱帯の海でダイビングしていました。「いいですねぇ、そういう仕事。」とか言われますが、夜中に注射器片手に海底すれすれの水を採水に行ったり、ちょっと離れた所にはマンタスポットがあるのに一度も行けずに海草の林の中だけで採集して…

雑草でも花は花

私の庭はいつも花が絶えない様に種類を選んで植えていて、バラが最盛期を過ぎた今頃は、アジサイ、ユリ、ラベンダーなどが咲き始めています。 この時期は、発芽時に除去し損ねたドクダミが花盛りになります。葉や花に養分を使うこの時期は意外に抜きやすく、…

老健はパンデミック時に高齢者のシェルターになる

今年90歳になる父親は心臓に持病を持っていることもあり、今回のコロナを受け3月16日から介護老人保健施設に入所させています。介護老人保健施設(=老健)は、ずっとそこで過ごす施設ではなく、家庭での生活が不安になった状態の高齢者の自立を支援し、家庭…

婆さんはそろそろご意見番

「ドイツでは昆虫が27年間で75%以上減少した」と2017年秋に発表され、これを受けてドイツ政府は2019年9月、昆虫の大量死を阻止するための包括的な政策パッケージである昆虫保護行動計画を策定しました。計画には農薬の使用削減も盛り込まれています。背景が…

知恵比べ

ナメクジ対策で砂利で育てているイチゴ、昨年はシーズン後半からダンゴムシの集中砲火を受け、半分以上が虫食い状態でした。そこで今年は台所用水切り袋をかけたところ、今度は写真のように上から潰して、でてきた果肉を食べる知能犯が現れました。他に2袋…

コロナのおかげ!

コロナで自粛・ステイホームになったおかげで、メリットもいくつか。圧倒的にありがたいのが、会議。オンラインになったおかげで、大学にも、霞ヶ関にも、長野県庁にも行かないで済みます。大学は往復2時間、霞ヶ関は3時間、長野県庁だと7時間かかっていた…

なめられてる?

4月29日記事で、つくばでは病院も、患者が減って経営が大変らしいと書きました。 つくばでは患者がこなくて医療崩壊? - Limnology 水から環境を考える 同じことがつくばのような田舎だけでなく、京都でも起こっていました。 4月29日記事に書いたように、ゴ…

ゆったりテレワークしてたのに。。

世界中がコロナでオンライン会議が日常になる中、恐れていた事態発生。これまでは「自宅にスカイプ会議するだけのネット環境ないから。」と、欧米の研究者とのオンライン会議はパスさせてもらってました。英語が苦手なので言い訳にしている面もあったのです…

ツイッターは多機能日記的に使える

毎年必ず何か新しいことを始めることにしているのですが、昨年はブログ以外のSNSを始めることにして、ツイッターを2アカウント、インスタを1アカウント始めました。 ツイッターの1アカウントは英語での送受信専用、インスタは自分が撮ったお気に入りの花の…

それぞれの春

一昨年度までやっていた科研費バイカルプロジェクトでは、最後の調査でマイクロプラスチックを採取しました。その結果をもとにアメリカの友人が論文にまとめて、初稿が共著者に届きました。「マサチューセッツもようやく春真っ盛り」と、ご自宅の庭に咲いた…

自己増殖ニンニク

本当に不思議なのですが、球根で増える植物が、我が家では植えたところ以外でどんどん繁殖します。そういった勝手に生えてきた個体はそこが適していたから生き延びたらしく、何もしないでも旺盛に育ちます。園芸植物ではスイセンやチューリップが庭中から生…

おもてなしはいずこ?

日本は「おもてなし」の国とよく言われます。Wikipediaでは「おもてなし」を「顧客に対して心をこめて歓待や接待やサービスをすることを言う。」としています。残念ながらインターネット関連ではそうではないようで、だから日本はまだスマホにしてもネット接…

おうち菜園のサステナ化

ナメクジ対策で砂利で育てているイチゴですが、一昨年はナメクジ被害は無かったものの、ダンゴムシにやられました。それで昨年からは窒素分を多めにあげて、茎がしっかり立つようにしたところ、1日300gくらい収穫できる日が続きました。 ところが今年はダン…

ファミリーヒストリーをつむぐ店

コロナの影響で一時休業していたお寿司屋さんが、テイクアウトと出前に限定して再開しました。認知症になるまでの父は私の下手な料理に辟易してか、週に一度はここに行って、お魚と日本酒を楽しんでました。発症してからも父が私に無断で行ったらこっそり連…

#俺たち自粛お前は辞職

5月4日22時頃、Twitterでトレンド入りしていた「#俺たち自粛お前は辞職」の投稿がすごい勢いで伸びていて時々眺めていたところ、日付が変わる頃「『日本のトレンド』からこのタグが何度も消されている」との投稿がありました。 どうして?かつて見たことない…

好き!を仕事にした結果

テレワークが始まってから、20代後半の息子や同級生のうち都内勤務者は、つくばの実家に戻っている子も多いようです。某少年漫画雑誌の編集担当をしている息子の友人は、コロナ以前はまさに「バクマン」さながらの仕事量でした。「今の時代、もっとITで楽で…

キーウイは謎だらけ

ゴールデンキーウイの雌木がようやく満開になりました。雄の木は1週間前にかなり咲いてしまっていたので、このままでは受粉ができないのではと気が気で無かったです。 キーウイは雄の木と雌の木が異なる品種という、ちょっと不思議な果樹です。ウチの場合は…

つくばでは患者がこなくて医療崩壊?

馴染みにしているお寿司屋さんが、出前とテイクアウトに限定して営業を再開しました。女将さんに話を聞いたら、キャンセルが続いて気落ちして休みにしたけど、家にいてもよけいに鬱になるので、思い切って再開したそうです。「お医者さんでさえ、お客さんが…

やっぱり大本営発表?

茨城県は4月13日まで、「東京都等と交流が多く感染リスクが高いと考えられる10市町に限って外出自粛」を要請していました。対象は守谷市、つくば市、取手市などですが、本当に東京との交流が主な感染経路なのかと思って、つくば市や茨城県のホームページから…

災いを福のきっかけに

今回のコロナのおかげで、一部の日本人は今まで大本営発表を鵜呑みにしてきたことに気づくかもしれないと思っています。たとえば日本の医療は世界でもトップクラスと思っていたでしょうが、コロナ対策では韓国と比べてどれほどおそまつかがテレビでも報道さ…

超簡単!自家製スモークサーモン

外出自粛で通勤時間分の余裕ができたと言っても、いつものゴールデンウイーク同様に庭仕事がたくさんある上に、ミツバチの飼育や原木椎茸栽培も始めたので、期待していたほどたまっていた家事は片付きません。それでも「こういう時だけでも、日頃したくてで…