対露支援

4月23日記事でご紹介した通り、バイカル湖への排水規制を緩和する法律は廃案になりました。これを受けてロシア政府はバイカル湖への汚濁物質流入負荷の削減に取り組むことになり、廃案への呼びかけの中心となったLimnological Institute(陸水学研究所)の所…

プラゴミを減らす知恵は先進国からはうまれない

先日のNHKクローズアップ現代で、ディレクターがプラスチックを使わない生活を試み、挫折する状況を放映していました。ではどうすればいいかの示唆は、極めて貧弱でした。私はプラスチックのない生活を1ヶ月したことがあります。場所はフィジーという太平洋…

1000万円の代わりに筋肉を貯金

昨日「老後2000万円」は過小評価として、認知症や寝たきりなどにかかる医療費や介護費を考えると、さらに1000万円は必要と論じました。実際、平均寿命(男性81歳、女性87歳)と健康寿命(男性72歳、女性74歳)の差は約10年ありますから、介護費・医療費1年10…

「老後2000万円」は過小評価

「老後2000万円」問題で年金への信用がゆらいでいます。今年89歳になる父と同居している私は10年前から、「年金だけで老後を過ごすのは無理!」と分かっていました。なので金融庁の報告書を受け取ろうとしない某大臣は、鉄面皮の固まりに見えます(彼の資産…

ミツバチが来た!

6月7日記事で「早ければ来年くらいから自宅でニホンミツバチを飼育できるかも。」と書いたところ、先週、ニホンミツバチが巣を作っているのを発見! 師匠に電話したらすぐに来てくださいました。大きさから、5月初旬に巣作り始めたのだろうとのこと。父親を…

摘果キーウイ

一昨年、ゴールデンキーウイを植えました。昨年は雄木が枯れて全く実がならなかったのですが、今年は新たに植えた雄木も咲いて、実がどっさりなりました。 そのままにしておくと大きな実にならないので、50円玉大の時に半分くらい落とし、先週末に二度目の摘…

Welcomeアマガエル!

そろそろアマガエルのオタマジャクシがカエルになった頃と思い、週末は近所の田んぼにアマガエル採りに行きました。 サギ類が舞い降りている田んぼは魚やカエルがいるところだろうと狙いをつけたところ、雨で流れが強くなった水路を流されているカエルを二匹…

十六羅漢の読書像

松江では大橋川を挟んで北側にお城や武家屋敷などの観光名所が集中していますが、南側の松江駅周辺にも歩いて数分の所に「寺町」という寺が集中する区画があり、まるで京都を歩いているような感じです。小泉八雲も寺町の散歩を楽しんだそうで、中でも龍昌寺…

農業は科学

5月半ばに定植した春菊が、出張から帰ったらネキリムシに切られていました。臭いが強い植物なので、鳥除けネットの中なら大丈夫と思っていたのですが。。 それで先週末に買ってきたオクラの苗は、ネキリムシにやられないようにトイレットペーパーの芯を差し…

養蜂家に弟子入り(続)

先週の養蜂実習は、手狭になった箱から大きいのに移し替える作業でした。下の写真では、蜂におとなしくしてもらうための煙作りをしています。枯れた芝をふいご付の容器にいれて、火をつけて十分煙りがでるまで空気を送ります。 飼育箱の蓋をあけて煙をかけ、…

キツネを奉納

松江城にある城山稲荷神社にはおびただしい数のキツネ像が並んでいて、小泉八雲が訪れていた明治の頃には数千体あったそうです。 私はここにあるキツネ達が大好きで、松江滞在中は毎朝ジョギングして会いに行きます。先日の出張の際にも行ったところ、新たに…

報告書に書いた内容は投稿できない?

科研費の採択率が十分でないことから、若手も民間などの助成金に頼る例が増えていると思います。ここで注意してほしいのは、報告書に書いた内容が投稿できなくなる場合があることです。大学の紀要やWebサイトで公開した内容もアウトです。ポイントは「公開さ…

直径25cmの水辺

うちの庭では、そろそろ防護服を着ないと蚊にたかられるようになりました。農薬をまかないため本当に虫が多く、以前はアマガエルがずっと住みついていました。ところが、繁殖期に通っていた水田がヤマハの店舗になってしばらく経つと子孫が移住してこなくな…

水草堆肥化は税金の無駄遣い

宍道湖では異常繁茂するようになった水草を、堆肥にして有効利用しようとしています。https://mainichi.jp/articles/20180924/k00/00m/040/048000cこれは税金の無駄遣いにしかなりません。なぜか。1950年代まで肥料用に水草を採草していたのが廃れたのは、除…

桑の実は今が旬

父は緑内障気味で、医師からビタミンCを多めに取るよう言われています。それで自家製果物を夕食のデザートに出すのですが、我が家で大量に取れるブラックベリーやブルーベリーは、なぜか食べてくれません。幼少期に食べてない物は拒否してしまうのかもと思い…

ジョギングはよいけどマラソンはやり過ぎ

筑波大学の鍋倉先生が主宰する「つくばランニングラボ」の今年度初回に参加しました。講義でAmerican Journal of Epidemiology誌に2013年に掲載された論文が紹介されました。紹介タイトルは「ジョギング習慣が劇的に寿命を延ばす!」男女合わせて17589名を対…

大阪人は会話で呼吸する

昨夜の「秘密のケンミンSHO」の名言紹介で、「大阪の人間は肺で呼吸してない。会話で呼吸してる。」と語ってました。「そうや、そうや!」と思いましたが、実際はどうでしょう。言わんとしているのは、大阪の人間は知り合い同士だと果てしなくしゃべるし、見…

液体窒素で涼んじゃダメ!

産総研で高圧ガス保安教育講習を受けてきました。私は絶対にしませんが、学生とかだと「やってしまうかも。。」と思った事故例が、「暑い日に部屋を冷やそうと、液体窒素をばらまく」です。私達がふだん吸っている空気は8割が窒素です。なので液体窒素をばら…

食塩からマイクロプラスチック

水道水からマイクロプラスチックが出たとの報告が話題になりましたが、原典は下記です。Anthropogenic contamination of tap water, beer, and sea salt 水道水の危険性についてはこのブログで何度か指摘しているところですが、上記論文は水道水だけでなく、…

リュウノヒゲモ

リュウノヒゲモは日本各地で絶滅が危惧されている水草です。宍道湖では、同じく絶滅が危惧されているツツイトモが湖内の広範囲に生い茂り、湖底のヘドロ化や酸欠を招き、二枚貝シジミの大量斃死の原因になっていると疑われていました。その宍道湖と周辺の水…

幸福の黄色いポスト

いかにも幸せそうな笑顔のこの物体、実はポストです。いつのまにかTXつくば駅ロータリーに立ってました。 笑顔のキャラは「いばラッキー」君です。今年9月に開催される茨城ゆめ国体のイメージキャラで、県では目下「幸福の黄色い“いばキャラ”プロジェクト」…

TwitterでEditor選び

その昔、「サンゴ礁生態系では窒素固定が卓越する」と、世界で初めて窒素安定同位体比を測ってLimnology and Oceanographyに投稿した論文は、「これはすごい論文だから、英語はこちらで修正する、即受理。」との返事が来ました。以来、私が本気出して書いた…

バイカル湖のマイクロプラスチック汚染

バイカル湖のマイクロプラスチックについて、マイクロFTIRを使って成分構成も明らかにした研究が、ヘルシンキで開かれるSETAC EUROPE 29th ANNUAL MEETINGで、5月27日(月)にポスター発表されます。ポスター番号はMO250です。バイカル湖については、世界で…

宍道湖、卒業します!

20歳から続けてきた宍道湖研究、発端は宍道湖淡水化問題で、淡水化したら底生動物はどうなるかで卒論・修論を書き、中でもヤマトシジミがいなくなることで水質がどうなるかで学位を取りました。以来、手を変え品を変え助成金を取り続けて研究を続けていたと…

健康長寿がやっている

「健康長寿がやっている。。。」との前置きで、食べ物だったり運動だったりを紹介する番組が頻繁に放映されています。私にとってお手本になる健康長寿は、1950年代に85歳で亡くなった曾祖父です。戦争中も自家製どぶろくを作って晩酌を欠かさなかった曾祖父…

タイムリミット

私が東大に赴任したとき、前任者から修士1年2名、2年4名、博士3年1名と、博士(休学中→そのまま退学)を引き継ぎました。修士2年以上の学生はみな、イオンクロマトを使って分析した水質から議論するという、私がやったことのない研究をしていました。途中か…

総合学習にイチゴ

小学校では、総合学習や自然観察をNPOに任せている例があるようです。よく検討されたものもあるとは思いますが、私の身近では、自然科学の素養が全くない人が「自然観察」と称して、先入観を持った見方に誘導していたりします(この子達の将来が心配です)。…

九州の知らない食べ物

招待講演で行った小倉で初めて食べたお料理です。「焼きうどん」「焼きカレー」は文字から想像されるイメージに近いものだと思いますが、「もつ鍋」との文字から、この、麺たっぷりのお料理が想像できるのは、地元の方だけではないでしょうか。地元の方によ…

Twitterは利用者に通知することなく機能を制限する

ケント・ギルバード氏が「ツイッター社は、私に読ませたくないツイートを選別しているのでしょうか?」と投稿し、「シャドーバンでは?」と回答するやりとりがありました。シャドーバンとは、「ソーシャルメディアの運営側が悪質なユーザーのアカウントの投…

日本語音声入力お勧めアプリ

Google音声入力は、英語はとても便利ですけど、日本語では句読点が入力できません。英語だと「ピリオド」と言えば「.」が入ってくれるのですけど、「マル」「白丸」「ぴりおど」「句読点」と、およそ思いつく限り試してダメで、ネットで調べてもやっぱりダメ…